鼻づまりにさよならを|呼吸を楽にする方法

ドクター
このエントリーをはてなブックマークに追加

耳が聞こえずらい時の対策

悩む男性

耳鼻科で早めの診察が大切

難聴というのは全く聞こえないのではなく、耳が聞こえずらい症状をいいます。原因はハッキリわかっていないのですが、症状によっても色々な種類があります。多くの場合は自覚症状がないままに少しずつ進行していくので、気づいた時には難聴になっていることが多いのです。耳鳴りが頻繁に起こったりする場合は早めに耳鼻科で診てもらうことが大事です。難聴になると音が聞こえずらくなるので日常生活が不便になりますが、今は高性能の補聴器があるのでかなりのサポートが可能です。補聴器にも色々な種類があるので、まず耳鼻科で治療を受けながら医師のアドバイスにしたがって購入した方が安心です。片耳だけの補聴器もありますし、両耳に装着するものもあります。

生活を快適にするグッズ

最近の補聴器はかなり高性能なので、難聴でも日常生活を普通に送ることができます。特に従来のアナログとは違ってデジタル補聴器の場合は、内蔵された小型コンピューターによって複雑な処理ができるようになっています。そのため騒音や雑音の激しい中でも会話を聞き取ることができます。高齢化社会の進行と共に耳が遠くなる高齢者が増えているので、色々なグッズも販売されています。例えば振動式の目覚まし時計や腕時計です。枕の下や腕にはめておけば振動で時間を教えてくれます。これらのグッズを活用することで、日常生活を普通に送ることが可能になります。その他にも電話機に着信があるとランプが光ったり、ドアのインターホンと連動して光がついたりなど、工夫次第で快適な暮らしを保つことができます。