鼻づまりにさよならを|呼吸を楽にする方法

ドクター
このエントリーをはてなブックマークに追加

補聴器を購入しよう

耳

目が悪くなったらメガネをかけるように、耳の聞こえが悪くなったら補聴器を付けます。聴覚の衰え方は人それぞれで、音が小さいと聞こえない人、音が高いと聞こえない人などです。メガネを初めて使う人が購入前に眼下に行くように、補聴器を初めて使う前は耳鼻科へ行きます。そこで、自分がどのように聴力が弱まっているか診断してもらうことが大切です。補聴器はインターネットなどからでも購入できますが、その人に合わせて調整が必要なので、補聴器に慣れるまではきちんとした店を選んで購入することをおススメします。いい店の選び方は、まずこちらの話を聞いてくれる店員がいるか確認することです。また、購入後も補聴器が故障しても慌てないように、アフターケアが整っている店がいいです。

補聴器を値段によって決める選び方もありますが、自分の生活にストレスを与えないものを選ぶようにします。本体とイヤホンを長いコードでつなげているポケット型と呼ばれているものは、機械的不具合であるハウリングを起こしにくいですが、邪魔になりやすいものです。耳穴にはめる耳穴タイプは、自然に音が聞こえますが補聴器だと気づかれやすくもあります。耳にかけて使う耳かけタイプは、補聴器を付けていると気づかれにくいですが、耳が痛くなるかもしれません。自分の生活スタイルにあった選び方をします。もちろん、高額なものの方が雑音も少なく、より聞き取りやすいように工夫されています。補聴器の選び方は人それそれですが、購入後に後悔しないように、即決せずにじっくり時間をかけて選ぶことが大切です。